INFORMATION

  • 2016年4月26日 キャラクタープロダクションCHARACOTの運営開始
    CHARACOTオフィシャルサイト公開
    「CHARACOT
  • 2014年11月18日 【トヨタ マーク II】【JZX110】【00/10-04/10】【HKS 車高調 HIPERMAX D' NOB spec】【80015-AT102】ハイパーマックスシリーズ / HIPERMAX SERIES:車パーツの応援団 - 42e1bご相談フォーム公開
title#

Concept

心を動かす仕事をしたい。

大切にしなければいけない「伝えたいこと」があります。
そのメッセージを表現し伝えることで
人のつながりを通じて世界が広がり、
みんなのココロが動かせるような仕事を目指しています。

Service

  • 放送番組

  • テレビCM
    ラジオCM

  • プロモーション
    ビデオ

  • コミュニケーション

  • エリア
    プロモーション

様々なご要望にお応えします

CPS Broadcast & Visual Production

4K映像の撮影・編集から、放送番組の取材・撮影・制作、
映像コンテンツの企画・提案・活用法までおまかせください。

放送制作

  • テレビ番組・ラジオ番組の制作
  • テレビCM・ラジオCMの制作
  • 番組の取材撮影協力(ENG・EFP)

映像制作

  • プロモーションビデオ(PV)
  • 企業紹介ビデオ・商品説明ビデオ
  • インターネット用映像コンテンツ制作

制作支援

  • 録音スタジオレンタル
  • 中継収録システムレンタル
  • 撮影機器レンタル
  • サウンドロゴ&CMソング制作
  • ナレーション録音
  • 空撮コーディネート

ビデオ撮影・記録ビデオ

  • 演奏会・舞台公演・発表会のビデオ
  • 地域の祭り、風物、歴史などのコンテンツ制作
  • パーソナルビデオ(思い出・アルバム・記録)

映像機材レンタル

  • イベント・ステージ演出用映像制作・送出
  • プロジェクターレンタル・大型モニターレンタル
  • デジタルサイネージ(電子看板)のコンテンツ制作

CPS Communication & Promotion

メディアを活用した情報発信支援から、
エリアプロモーション、シティプロモーションまでご相談ください。

広報宣伝支援

  • テレビ、ラジオ、新聞などの活用支援
  • デジタルサイネージ・インターネットの活用支援
  • 商品・サービスのPR、プロモーション支援
  • クロスメディアの活用提案

地域振興支援

  • 地域・産業振興、まちづくり事業の支援・提案
  • 観光情報施設の企画および運営
  • 官民、産学官が連携した各種事業の企画・展開
  • ラジオを活用した地域情報の発信事業

文化振興支援

  • 地域の芸術・スポーツ・大衆文化の振興の企画支援
  • 芸術文化事業や音楽イベント等の企画支援
  • タレント・アナウンサー・アーティスト等の手配
  • 地域イベントのプロデュース

キャラクタープロダクションCHARACOTの運営

  • キャラクターの開発、マネジメント、ライセンシーの募集
  • キャラクターのプロモーションの支援
  • キャラクターを活用した商品・サービスの企画展開
  • キャラクターを活用したコンテンツの企画展開

Profile

シーピーエス会社概要

平成4年 放送制作・文化事業・広報宣伝の関係者によりクリエイティブ・プロデューサーズ・システムが設立される
平成5年 企画制作室を開設。これに伴い、関係官庁に事業所申請
平成6年 行政・一般企業との取引、契約の増加に伴い、クリエイティブ・プロデューサーズ・システムの頭文字をとってCPSとし、有限会社 シーピーエスを設立
平成10年 放送業務の拡張に伴い、法人組織を株式会社に変更
ブランドロゴとして、CPS放送制作の使用を開始
浜松市東区神立町に制作スタジオを開設
平成15年 本社制作スタジオおよび事務所を浜松市中区中央に移転
平成17年 地上デジタル放送の開始に併せ、地域に先がけてハイビジョン撮影・編集システムを導入
浜松市広報番組「浜松ケーブルテレビ放送」の企画制作を浜松市から受託(~平成20年)
平成18年 ラジオCMの新番組交換基準BWF-J MO搬入に対応
平成19年 株式会社ミルキーから、機材レンタル部門を買収
株式会社シーピーエス内に機材レンタル事業部を開設
平成21年 地域の制作会社としては初めて、フルハイビジョンマルチカメラシステムおよび撮影・中継車導入
平成23年 大判センサーカメラ(シネスタイルカメラ)の導入・運用開始
地域ケーブルテレビ局の歴史番組をシネスタイルで制作
平成25年 4K撮影、編集システムを導入、4Kコンテンツの制作を開始
平成26年 東京オフィス開設
法人名 株式会社シーピーエス CPS Inc.
住所 本社:静岡県浜松市中区中央1丁目16番9号
東京オフィス:東京都千代田区丸の内1-11-1 8F
連絡先 TEL:053-450-8685(代) FAX:053-455-3655
事業内容
放送制作事業
テレビ番組・ラジオ番組の企画制作および放送実施
広報宣伝事業
広報宣伝プランの企画立案・新聞広告・テレビ・ラジオCMなどの企画制作および放送手配
映像制作事業
各種プロモーション映像の企画制作、マルチメディアコンテンツの企画制作、VP制作等
地域文化事業
市町の文化振興事業の企画、制作、運営・公共施設コンサートの企画支援、開催運営支援
産業振興事業
地域産業、物産振興のための企画、事業展開支援、観光振興のための企画等
キャラクターライセンス事業
キャラクタープロダクション「CHARACOT」の運営
「CHARACOT
資本金 1,000万円
取引銀行 三井住友銀行・静岡銀行・浜松信用金庫・磐田信用金庫
主要取引先
公共機関/
静岡県・浜松市・磐田市ほか静岡県西部地域を中心とした地方公共団体・文化事業団体・商工関連団体等
メディア/
静岡新聞・中日新聞・静岡放送・テレビ静岡・静岡朝日放送・静岡第一テレビ および関連会社等
代理店等/
県内広告代理店等 ほか
関連会社 株式会社シーピーエス・アイ
平成4年 放送制作・文化事業・広報宣伝の関係者によりクリエイティブ・プロデューサーズ・システムが設立される
平成5年 企画制作室を開設。これに伴い、関係官庁に事業所申請
平成6年 行政・一般企業との取引、契約の増加に伴い、クリエイティブ・プロデューサーズ・システムの頭文字をとってCPSとし、有限会社 シーピーエスを設立
平成10年 放送業務の拡張に伴い、法人組織を株式会社に変更
ブランドロゴとして、CPS放送制作の使用を開始
浜松市東区神立町に制作スタジオを開設
平成15年 本社制作スタジオおよび事務所を浜松市中区中央に移転
平成17年 地上デジタル放送の開始に併せ、地域に先がけてハイビジョン撮影・編集システムを導入
浜松市広報番組「浜松ケーブルテレビ放送」の企画制作を浜松市から受託(~平成20年)
平成18年 ラジオCMの新番組交換基準BWF-J MO搬入に対応
平成19年 株式会社ミルキーから、機材レンタル部門を買収
株式会社シーピーエス内に機材レンタル事業部を開設
平成21年 地域の制作会社としては初めて、フルハイビジョンマルチカメラシステムおよび撮影・中継車導入
平成23年 大判センサーカメラ(シネスタイルカメラ)の導入・運用開始
地域ケーブルテレビ局の歴史番組をシネスタイルで制作
平成25年 4K撮影、編集システムを導入、4Kコンテンツの制作を開始
平成26年 東京オフィス開設
法人名 株式会社シーピーエス CPS Inc.
住所 本社:静岡県浜松市中区中央1丁目16番9号
東京オフィス:東京都千代田区丸の内1-11-1 8F
連絡先 TEL:053-450-8685(代) FAX:053-455-3655
事業内容
放送制作事業
テレビ番組・ラジオ番組の企画制作および放送実施
広報宣伝事業
広報宣伝プランの企画立案・新聞広告・テレビ・ラジオCMなどの企画制作および放送手配
映像制作事業
各種プロモーション映像の企画制作、マルチメディアコンテンツの企画制作、VP制作等
地域文化事業
市町の文化振興事業の企画、制作、運営・公共施設コンサートの企画支援、開催運営支援
産業振興事業
地域産業、物産振興のための企画、事業展開支援、観光振興のための企画等
キャラクターライセンス事業
キャラクタープロダクション「CHARACOT」の運営
「CHARACOT
資本金 1,000万円
取引銀行 三井住友銀行・静岡銀行・浜松信用金庫・磐田信用金庫
主要取引先
公共機関/
静岡県・浜松市・磐田市ほか静岡県西部地域を中心とした地方公共団体・文化事業団体・商工関連団体等
メディア/
静岡新聞・中日新聞・静岡放送・テレビ静岡・静岡朝日放送・静岡第一テレビ および関連会社等
代理店等/
県内広告代理店等 ほか
関連会社 株式会社シーピーエス・アイ

Access

本社交通アクセス

株式会社シーピーエス
〒430-0929 静岡県浜松市中区中央1丁目16番9号

【車】
東名高速道路 浜松ICから約20分 浜松西ICから約30分
【徒歩】
浜松駅から徒歩約10分(800m)
GoogleMapで見る
GoogleMap

2019-09-05
カテゴリトップ>カテゴリ>HKS(エイチケーエス)>車高調>HIPERMAX D' NOB spec
【トヨタ マーク II】【JZX110】【00/10-04/10】【HKS 車高調 HIPERMAX D' NOB spec】【80015-AT102】ハイパーマックスシリーズ / HIPERMAX SERIES

開発ドライバーとして初代 D1チャンピオン 谷口選手を起用し、とことん煮詰めた、まさに『誰もがドリフトしやすい足!!』。
硬いだけがドリフト足ではありません。
ドリフトのきっかけ作りでの荷重移動・立ち上がりでのトラクションetc、サーキット走行を繰り返し、初級者から上級者までレベルの違うドリフトユーザーと共に谷口選手が最終的に誰もがドリフトしやすい足に仕上げ、納得いくまで煮詰めた仕様に仕上げています。
この『HIPERMAX D' NOBspec.』で、もう一度皆様にドリフトを楽しんでいただきたいです。
●単筒式を採用
ハイパーマックスシリーズ伝統の単筒式採用によりスポーティー且つ上質な乗り味。
●ダストブーツを採用
外部からの飛び石によるシャフトの損傷を防止します。
●PNEコートを採用
表面に特殊被膜をつけることにより一般的な亜鉛メッキに比べて5倍以上の耐食性を誇ります。これにより全長調整式のネックとなっている錆による固着を防止します。また表面が滑らかになるため車高調整に要する力もすくなくなります。
●大流量リニアピストン採用
ピストンスピードに比例しリニアな減衰を発生させる大容量ピストンを採用。自然なフィーリングにより気持ちよいハンドリングを実現します。
●倒立タイプには2Wayピロアッパーマウント採用
フロントには2WAYピロアッパーマウントを標準採用し、キャスター・キャンバーの拘りのセッティングが容易に可能。
●アルミ製ロックナット、ライドハイトを採用
耐腐食性に優れているほか、バネ下重量の軽量化にもなります。
●減衰力30段調整機構を採用
30段階の減衰力調整機構を設けることでタイヤの種類や、車高セットアップ等にあわせた幅広いセットアップが可能です。
●誰もがドリフトしやすい足
ドリフトでのきっかけ作りの荷重移動・コーナー立ち上がりでのトラクションなど拘り抜いた仕様。
●1年2万キロ保証
サスペンションを構成する各部品の耐久性向上を図り、1年2万キロの保証を実現。

■適合車種 (お車と商品の適合を必ず確認お願いします。)
メーカー
車名
型式
エンジン型式
年式(西暦)
製品シリーズ名
トヨタ
マーク II
JZX110
1JZ-GTE, 1JZ-FSE
00/10-04/10
D' NOB spec
◆備考・グレードなど

■商品詳細 HKS 車高調 HIPERMAX SERIES
フルキット設定バネレート F/R F=157(16)/R=137(14)N/mm (kgf/mm)
自由長170/200F/R mm
減衰力 ピストン速度 0.1m/sec 減衰力値NF=4599/1196伸び側/縮み側
R=1432/775
車高情報F=-42(0 - -98)出荷時(最大上限-最大下限)
R=-15(0 - -70)
Code No.80015-AT102 
【送料無料】 車高調 HKS HIPERMAX SERIES D' NOB specトヨタ マーク II JZX110 80015-AT102
価格
183,924円 (税込)
※最安送料での配送をご希望の場合、注文確認画面にて配送方法の変更が必要な場合があります。
※離島・一部地域は追加送料がかかる場合があります。
※東京・神奈川・千葉・埼玉で対象エリア外へのご注文は、毎日15:00までのご注文で翌日の配達となります(あす楽)
代引き不可  
通常1〜4営業日入荷次第発送 欠品時相談
個数
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
未選択項目があります
選択肢を選んでから買い物かごに入れてください
お気に入りに追加
お気に入りに追加
レビューを書く